レース

2017年5月23日 (火)

第23回たつがねMTB大会

とりあえず今年も無事に開催されました。

会場の田束山は青い空の元、三陸の海を見渡し、遅い桜やつつじが咲き誇る
のどかな風景、、、、というイメージなのだが今年はかなり悪天候。
霧のように細かい雨。しかも風が強いので傘が役に立たない。
さらに寒い。気温9℃!

Img_2839

視界も悪そう。

とりあえず試走。
チームメンバー3人で走るがやけに路面がいい。
良く見りゃ誰も走ってないじゃん。
特に汚れることもなく試走完了。

さてレースは、、、。
自分のクラスは約40人がエントリーしていたがすこし少ないような気も。
後方で混乱に巻き込まれるのがイヤだったのでダッシュでスタート。
2番手でコースイン。
試走とは打って変わって滑る滑る。
これぞMTBのレースっていうくらい滑る。
まあ、滑る路面は得意なほうなので楽しく走っていたけどみんな速いですね。
あっちで抜かれこっちで抜かれ6~7位くらいまで後退。
で、そのまま挽回のチャンス無くゴール。

Img_2838

いや~、ドロドロになりました。

今年は恒例のワカメ汁に加えてホタテ焼やテンプラなんかもあって堪能させて
いただきました。
さて、来年もあるかな~?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

第1回福島市荒川マウンテンバイクファミリー大会

知人のシシドさん主催のMTBの大会。

Img_2789

名称からしてほのぼのレースイベントと思いきや、結構険しい(笑)
試乗の段階で細かなラインを検討する。
だってしくじったらフレームが逝きそうなんだもの。
下の方では川に落ちそうだし。

という訳でスタート。
久々に最後尾から。微妙な登りのスタートなのでスピードが乗らない。
序盤で2/3くらいまでは上がったかな?
全体的に平坦なのでハイペースが続くが、要所要所にスピードが落ちる
ポイントがありその都度ダッシュ。
2周でほぼ体力が尽きる(笑) 3周目はへろへろ。
多分10位前後でゴ~~~ル。
何年かぶりに口の中が血の味がした(T_T)

レース後は近くのアサヒビール園でなんと焼肉ランチが付く。
運営大丈夫なの? とちょっと心配になるが。
しかし、レースで汗かいた後にビール園での食事は拷問だね。
なに飲めっていうの?

とりあえずソレっぽいノンアルを頼んでみる。

Img_2795

あっ、ちゃんと0.00って書いてありました。
次の日休みだったら泊まっていきたいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

2017 うっかり八兵衛カップ 春

冬眠状態から一気に覚醒するレース。
茨城県は常陸太田市で開催の 「うっかり八兵衛カップ」。
毎年書いているが、ふざけた名前とは裏腹に(別にふざけている訳ではなくて
水戸黄門に出演していた ” うっかり八兵衛 ” こと 俳優の高橋元太郎氏由来)
かなり本格的なコース。
しかも「4時間」の耐久レースです。
280km移動して4時間のレース走って、また280kmの帰路という過酷な工程。

当日、天気はかなり微妙。というか天気予報はもろに雨。
到着するなり本格的に雨が降り出す。
しかもかなり寒い。
テンション ↓↓↓ 。

こんなこともあろうかと事前に用意していたAKB48の「ハイテンション」を聞いて
テンションアップ!!!(嘘です)

そんな努力もあってか(別になにもしていないが)雨が上がる!
結局路面がサラッと湿った程度で土ぼこりも上がらない最高のコンディションになった。

緊張感の無いゆるいスタートから長い長い耐久レースの始まり~。
初めの1時間はスピード感もありいい走り。
が、ここで飛ばし過ぎると後々に響くのだ。

2時間経過。
普通、長いレースでもこのくらいで終わる。まだ半分かと思うと気が重くなるので
考えないようにする。
しかし、あちこちから「あと2時間だぞ~。」と声がかかる
う~む、応援としてはいかがなものか(笑)  結構精神的ダメージあるぞ。
補給食摂って後半戦へ。

3時間経過。
このあたりからいろいろと問題が出てくる。
集中力が落ちてきてミスが目立ちだす。
脚が攣る。 
ようするに精神的、肉体的共にに限界なのだ。
特に自分のように限界まで練習をしない者は限界点が低い(T_T)
ラスト30分は悶絶の連続だ。
自転車の本なんかに足腰の筋肉の画が出てるでしょ。
あの筋肉が全部攣る感じ。もはや歩く事すら出来ん、、、。
そして4時間。
山頂から自由落下しながらの惰性ゴール。
ハラがへっているが長時間内臓が揺さぶられてダメージを受けている為か
なにも食えない。
と、チームメイトのWさんの元に主催者が現れ、「抽選でカレーが当たっているので
すぐに食ってくれ」だって。
まるで罰ゲームだな(笑)

結果メンズソロ 53人(内13人DNS)17位と例年通りほぼ中くらい。
まあ同世代の「ツミタさん」より速かったからとりあえず良しとしよう。

Photo

写真 by 伊東さん (ちょっと加工しました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

雪上レース考

今年も山形県は東根市で開催された 「ひがしね雪祭りシクロクロス」に行ってきました。
気象状況次第で毎年全然違うコンディションのレース。
今年は、、、かなり乗れないコンディション(笑)

雪はそこそこ多い。(冬の山形にしては少ないけどね)
気温が高い。
もうそれ以上の説明はいらないでしょう。
とにかく走りにくいし、走れないところもある。
そもそもそういうレースなのだが、とにかく乗れない。

が、乗れている選手もいる。
当然だが乗れる乗れないで大きく差がつく。
なにが違うのかな~???

バランスなのかライン取りなのかパワーなのか???
間近で見てもぜんぜんわからん。
ひとつ言えるのは、乗れているのはほぼ例外なく通常のMTBレースでも「速い」選手
だという事。
まあ、結局練習量という事なんだろうな~。
次はがんばります。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

第26回クリテリウム・みやぎ大会

今年最後のレース、通称「みやぎクリテ」。

Cimg0280

なかなかいい感じのゼッケン!

が、前回の新庄クリテから全く練習無し。
いかんな~。
なぜか今年は妙に忙しくてぜんぜん時間が取れない。
朝練も数回しか参加できず、個人練も無し。
年間で300kmくらい走ったかな? 3000kmじゃないよ 「300km/年間」
クラブ行事の200kmツーリングは通年、カウントしないのだが今年は特別に計上して
500km/年 ということにしておこう。

そんなわけで当然のように惨敗。

オフシーズンはせめてローラーぐらい踏むかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

第24回 クリテリウム新庄大会

Img_2466_2

行って来ました、通称「新庄クリテ」。

出発前、まずシューズが見つからない。
あちこち探すとリュックに入っていた。なぜこんなところに???
よくよく考えてみたら、クラブの「お盆ツーリング」の時のままだった。
どうやら2か月もの間、ロードには一度も乗らなかったらしい。
大丈夫かよ、>自分。
あと、指切りのグローブ、行方不明。

で、現地到着。
公園の緑地に駐車した途端、ハマる(笑)

Img_2463

業界用語で言うところの「刺さる」っていう状態。
軽く脱出を試みるも、全く動けず。
諦めてとりあえずレース。

簡単に言えば10位。
一見そこそこの成績のようだが、先頭集団からちぎれての10位なので価値無し。
ゴールラインでの皆さんの拍手がむなしい。
レースの話はこれで終了。

次は問題の「車」。
ほぼ確実にJAF案件だな、と考えていたが周りの方々に手伝っていただいて
なんとか脱出成功。

Img_2468

新潟のチームの皆さん、ありがとうございました。

帰り。
渋滞のなか、ようやく高速にたどり着くとさらに「事故渋滞」。

Img_2472

途中、ハラがへったのでSAで食事。
が、食ったら猛烈に眠くなってきたのでちょっと仮眠。
なかなか家へ帰れません、、、、、。

オマケ

Img_2471

泥だらけになった下廻りをスタンドで洗ってもらう図。

という訳で、いいとこなしの一日でした。
こんな日はとりあえずビールで厄払い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

第10回 ジンギスカップ in 磐梯高原

Img_2434

行ってきました「ジンギスカップ」。
今年は10回目の記念大会なんだって。スゴイな~。おめでとうございます。
天気も良くて、磐梯山がきれいに見えます。

会場の「南ヶ丘牧場」では、ハロウィンが近いこともあってか巨大なカボチャが!

Img_2435

が、接近してよく見ると値札が付いている。

Img_2436

「¥3000」  売り物かよ!  だいたい3~5000円くらいらしい。
売れるんだろうか?

で、レースの方は年齢別のスポーツCに出る。
前日に軽く雨が降ったらしく、路面は微妙な湿り具合。
エア圧に悩むが、滑りやすい箇所を重視してベタ下げのセッティングで行く。
スタートはAクラスと一緒。3分後にBクラスがスタートするので追いつかれないように
頑張らないとね。
まずは激坂セクション。ここで遅れると後々大変なので踏ん張るが、ポジションが
かなり後方(最後尾)だったのでなかなか前に出られない。
登り切ったところで10番目くらいかな?
ここからしばらく滑りやすい中速コーナーが連続する。
焦ると転ぶので慎重に慎重に。
TKキャニオンと呼ばれる大ジャンプはかなりゆるく設定されていて楽に飛べたね。
直線路はスピードが出るけど、エア圧が低いためか重い!
最後は「トライアルかよ」とツッコみたくなるほどのテクニカルセクション。
毎年怪我人が出るところ。
クリア出来たり出来なかったり。
Jシリーズでもなく、一般人が走るレースでフル乗車で走れないのはココだけじゃない
かな?(自分の場合)
それだけ本格的という事か。
そもそもクロスカントリーというのはそういうレースだけど、この難易度が絶妙。
「ジンギスカップ」という、のほほんとした名前とは裏腹にかなりハードなコースです。

2周目。
トップ集団(? たぶん)が見えてきた。
登り、登りでアタック! ついにトップへ。
が、すぐに2位転落。
結果、焦ってミス連発。
テクニカルゾーンに入ると、しょっぱなの「魔女っ子岩」から落ちる。
転倒はしなかったが大きくタイムロス。
登りの岩ゾーン(名前は忘れた)では手前からヘロヘロでトライすらできず。
丸太橋は落下。どんだけロスしてるの???
最後の登り。
フルパワーで踏む。少し距離が詰った気がするが、、、届かず。
結果、23秒差で2位。
う~む、ちょっとくやしい。
また来年だな。

レース後はゲストライダーの「ミスタースペシャライズド 竹谷賢二氏」にサインを
頂く。

Cimg0276

また洗車が出来なくなりました(笑)

Cimg0274

最後に記念撮影。
竹谷さんも白髪目立ってきましたね。

これで今年のMTBレースはすべて終了。
結局一度も練習で走ることは無く、「レースでしか走らない」という怠けた状態で
シーズンを過ごしてしまった。
まあ、勝てる訳ないな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

ダリヤCUP 参戦

Img_2386

毎年恒例、山形県の川西ダリヤ園にて開催されるレース「ダリヤカップ」に参戦。
天気が微妙だけど、涼しくていいね。
何年か前は35℃くらいあって死にそうになったけど(笑)

去年はエリートクラスに出て身の程を知ったので、今年は年齢別のスポーツB。
ちなみにA(若者)が10人に対してBは29人。
ここでも少子化問題が、、、、。
とも思ったが、キッズとかジュニアとか子供たちのクラスは結構盛り上がって
るんだよな~。 将来のレース界をお願いしますm(_ _)m

スタートはエリート、エキスパートレディースと一緒なのでかなりの人数。
例によってゴチャゴチャと絡むのがイヤなのでスタートと同時に全力疾走。
登りの半分くらいまでくるとだいぶバラけてきた。
最初はあまり無理しないで行こうと10番手前後で走るが、これが大誤算。
下りに入った途端、前の3~4人がやたらスローペース。
どうやら一番前がフタをしている感じのようだが、そこそこスピードが出る
シングルトラックなので前に出れない、、、。
しばしマッタリスピードに付き合わされるが、上りに入ったところで一気にパス。
激下りをかっ飛んでいくとチームメイトのT君が見えた。
このT君、下りやテクニカルな所は遅いが登りはかなり早い。
追い越しては登りで追い越され、追いついては登りで離される。
う~ん、やっぱり「登りが速い」のは正義だな。

今年はコースに激登りセクションが追加されている。
キャンバーだしターンも急なので皆がつっかかる、と思ったでしょ>主催者の方。
が、この程度はなんの問題もなくクリア。MTBライダーってスゴイでしょ。

エイドゾーンで水を貰う。
コップではなくてフタが付いてないボトル。
満タンに入っているわけではないので、少し傾けたくらいでは飲めない。
もう一段グッと傾けると一気に顔面に水がかかる。
ヤバい、鼻に入った(笑)
吸い込むと気管に入って咳き込むことになるので息が出来ない。
走行中なのに呼吸停止。万事休す!
なんとか酸欠寸前で持ち直すが、結局飲めなかったじゃないか。ヘタクソだな>俺。

結局、身内バトル状態のまま抜けずにゴール。
5位。 う~~~ん。
まあ一応表彰。

Img_2401

商品&抽選会でいろいろと頂くが、酒と肉という絶妙な組み合わせに。

Img_2402

地元の若乃井酒造さんの酒「ひめさゆりの詩」。なんと純米吟醸。
当然、帰ったら酒を飲みながら肉を食う、という構図になると思ったら。

Img_2404

食べごろは13日からだって。あと2日か。残念。

来年の20回大会は時期が変わるらしいです。
ところでふと気が付いたんだけど、いつの間にか3位までに贈られる
「クリスタルダリヤ」が無くなってたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

2016 もがみMTB大会 in 赤倉温泉スキー場

またしてもMTBの耐久レース。
近年、主催者都合で開催されていなかったが、突然復活。
なにやら大人の事情があるようで、、、、。

Img_2370

このシリーズ、とにかく「暑い!」という印象しか無い。
毎年、灼熱の山形県で開催されていた。よく死人が出なかったと思うほど暑かった。
そんな訳でとにかく暑さ対策、水分とか塩分とかは十二分に準備。
が、当日は気が抜けるほど涼しい。絶好のMTB日和。
こりゃーハイスピードなレースになるね。

まず、子供たちのキッズレース。
運動会と同じで親のほうが熱くなってたりして(笑)
自転車も走りも一丁前だよな~(感心)

で、いよいよ3耐のスタート。
例によってルマン式なので走ってスタート。
数十メートルなのにもう心拍MAX!
10番手くらいでコースイン。ごちゃごちゃするのがイヤなのでとりあえず飛ばす。
1周目だいたい8分だったので、一応10分/周と見積もる。
何人かパスして5番前後で周回を重ねるがチームメイトのD、T、両氏にパスされる。
そしてじわじわ離される。10秒くらい速いんじゃない?
(後から発表のタイムをみたら20秒違った)
と、突然T君脱落。そのままポジションキープしてれば入賞だったのに残念。
涼しいし、コースもきつくないので補給ストップ無しで行けそう。
2時間を過ぎると実力差がはっきりしてくる。
このへんできちんと走れているのはほぼ入賞圏内の選手。
自分もこの辺で脱落するのが通常なのだが、ペースを守って走っていたのが幸い
したか、10分/周をキープし2分を余して18周を完走。

今回、年齢によるクラス分がほとんど無く(60歳以上は別カテ)、10代から59歳
までごっちゃというガチレースだったので入賞は6位まで。

結果は、、、「7位」!
またこの流れかよ!  地味にくやしいな(笑)
でも冷静に考えてみると、オレって結構スゴくない? <(`^´)>
っていうか、「偉大なりS-Works」だな。
べったりと座ったまま下ってこれるって、耐久レースには最高だね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

第25回クリテリウム みやぎ大会

ちょっと遅くなったけど、みやぎクリテの話。

久しぶりにロードのレース。
このところ妙に忙しかったのと天気が×なのが重なって例年以上に乗ってない。
おまけに朝から雨。
なのでテンションだだ下がり。
会場に着いてからも微妙な雨が降ったり止んだり。
もはやホイールを交換する気力も無く、普段使いの「レーシング ゼロ」のまま走る。
まあ、このままでも十分にレース用なんだけどね。
ちなみにIRCのタイヤを履いていたので、ブースを出していたメーカーの方とちょっとだけ
話がはずむ。
そろそろ減ってきたので次もIRCか~、という流れに。

で、レース。
マスターズクラス。
だいたいいつものメンバーなので当然勝てる気がしない(笑)
このクラスの特徴として、アタックが連続しない。
なので切れそうになっても大概再集団になる。
結局最後のゴールスプリントになるが、ほぼ全員が落車したくない人たちなので
かなり安全な展開になる。
自分は後方からレースの終了も見守ってゴール。
無事、ケガ無く終わりました。

※ 今年は鳥海HCは都合により出ませんので(登山もしないので)レースレポートは
  ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧