機材

2017年3月 1日 (水)

Growtac 登り編

4本ローラー「Growtac」。

Fローラーの下に台を置くことで登りポジションで乗ることができる。
それで登りのように重くなるわけではなく、(重くするには負荷調整)
あくまで「ポジション」の再現。
そんなんで何が違うんだ、と思うでしょ。
かなり異次元な乗り心地です。

Cimg0338

フロントが上がる分、車高もますます高くなって乗り降りが困難。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

魅惑の4本ローラー

Cimg0308

何度か乗ってみて少し慣れてきたかな?
という訳で簡単にインプレ。

最大の特徴、このフロントのダブルローラー。
ハンドリングというか、感触はたしかに普通の3本ローラーとは違う。
ものすごく安定していてかなりラフに乘っても大丈夫、という宣伝文句とは若干違って
どこをどう取っても3本ローラーだなという印象。

自分はローラー練といえば無負荷でひたすら高回転のみなのだが、そういう使い方
ではあまり特徴を活かせないような気がする。
むしろ高負荷にして、急坂を登るようにギシギシと踏むような乗り方のほうが
適してるような気がする。
ローラー自体の重量が軽いせいか、慣性はあまり付かないので急加速急減速が
連続するような踏み踏みのペダリングでも大丈夫。
大丈夫というか、ペダリングがヘタになりそう。

下ハンダンシングは怖くてまだできません、、、。

あと、乗り降りがちょっと大変。
フレームを踏んではいけないらしいので、床から直接乗るのだが、ローラーの高さ分、
車高が10cmくらい上がっているので足が届きません。
もちろん降りるときも同じ。
壁、手すり必須(自分の場合)

まあ、しばらく使ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

ローラー考 その2

前回からの続き。

三本ローラーは不安定である。
で、その不安定さゆえに自然にバランス感覚がよくなり、かつバランスを崩さないような
綺麗なペダリングができるようになる。
結果、ペダリングスキルが上がり、速くなる。
という事なのだろう。

だが世の中、乗りやすいローラーというものもある。
乗りやすい、安定している、ダンシング練習もできるなどという常識はずれな商品だ。
そんな物を使って効果があるのか?
練習にはなるだろうが、ペダリング的にはどうなんだろう?

せっかくなので買ってみた。
GROWTACのGT-Roller Q1.1というヤツ。

詳しくはメーカーのHPを見ていただくとして、その購入顛末。

まず、どこで売ってるの? 
HPを見ると取り扱いショップが載っているが、時間的に買いにいくのも大変なので
メーカー直営のWebShopで買う。
すると「レターパックで送ります」とのメール。
レターパック? なにか違う物注文しちゃったかな? と不安になる。
と、翌日届く。 早っ!  ああ、「ゆうパック」ね。

Cimg0288

こんな感じ。 見た目は細めの普通のローラー。

Cimg0291

最大の特徴はフロントのローラーが2本。全部で4本なので通称4本ローラー。
そしてこの2本のローラーがFタイヤに合わせて微妙に動いて接地感を調整するのだ。

Cimg0293

リアはE-Motionのように前後にスライドし、車体のピッチングを吸収するという
構造。

Cimg0295

そして各所、やたら作りがいい。回転部もかなりの精度らしい。
もっとサラッと作ればコストも下がるだろうに。

Cimg0290

あと、全体的にかなり鋭利。ステンレスの切出し部などは鋭利どころかもはや「刃」だ。
万一、落車の場合はなるべく遠くへ飛ぼう(笑)

Cimg0287

一応畳めるけど、自立しないので立て掛けられない場合は普通に場所とります。

乗車感等は次回。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

ローラー考

固定じゃなくて「3本ローラー」ね。

巷ではペダリングが上手くなるとかバランスが良くなるとか言われてるけど、乗ってみれば
一目瞭然。
そりゃそうだろう、バランスとって綺麗に踏まなきゃあっという間にタコ踊りになってしまう。
誰かが言ってたっけ、 「自転車に100万円かけるよりも3本ローラーに乗った方が
確実に速くなる」って。

うちには固定ローラーはないので、当然乗るのは3本。
ふと、上手く乗れなかった頃の事を思い出した。
とにかくフロントに荷重しないように、後乗りで踏まないとふらついてしまう。
そんな感じだったと思うが、、、。
現在はどうだろう?
下ハン持ってべったり伏せて思いっきりフロントに体重載せて乗っている。
なぜなんだろう? この差は???

ピストに至っては更に前荷重なのにこちらのほうが安定して乗れる。
しばらくピストで乗ってるとロードではふらついて乗れなくなるほど。
不思議だな~。

ちょっと思う所あって「その2」へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

買ってみた。

買った。
スペシャライズド「S-WORKS EPIC CARBON 29」。
しかもDi-2

Pict8784

3月にして今年最大の無駄遣い(笑)
ただいま微調整中。明日走ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

帰ってきたCAAD9号

先日(と言っても、かなり前だが)クランクが破損して休眠状態だったCAAD9号の
クランク交換がやっと完了。

Pict8757

写真、ブレブレで失礼。
シマノのアルテグラに交換。BBやらアダプターやら難しそうなのでショップに依頼。

性能はいいんだろうけど、デザインがちょっとな感じ。(個人的見解)

Oxox901d_l

ちなみにこちらはスギノのクランク(HPより拝借)
カッコいい! コレだ! と思ったら想像以上に高価(;゚Д゚)! でした。
結局、コストパフォーマンスで選ぶとシマノなんだな~。
非力なのでコンパクトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

なぜ効かない? 雨の日のブレーキ

以前、「効かない」と紹介したCB7ブレーキ。
かなりハードな状況で使う機会があった。
雨の中、一日中走る事となったクラブの行事、「200キロツーリング」だ。
まあ、効かないとはいっても、少々気を使うが、ちゃんと減速するし、ちゃんと止まるので、
効きが、「いまいち」という表現のほうがピッタリかも。

そもそもなぜ、雨の日はブレーキが効かないのか?
単純に考えれば、ブレーキシューとリムの間に水の膜が出来て密着していないからだろう。

特にリアブレーキ。
ワイヤーが切れるほど、力の限りブレーキレバーを握り締め、それでも全くと言って
いいほど効かない、減速すらしない。
フロントはやや効く。
が、ウエット路面で、枯葉やら松ぼっくりやらが散乱している峠の下りで、フロントのみ
で制動するのは危険極まりない。
初めの頃はなんだかんだ言ってもそこそこ効いてたのに、なんで、しかもリアだけ
効かなくなるの?
実はリアが目立って効かなくなる症状は他のメンバーも訴えている。

なんとか下りきって見ると、ブレーキ近辺から黒い何かが流れている。

Pict8737

ブレーキシューが削れたゴムの粉なのか、リムが削れたのアルミの粉なのか、
あるいは両方なのか?
水で洗えば簡単に流れ落ちてしまうので、さほど気にも止めなかったが、リア廻りは
ちょっと様子が違う。

Pict8739

Pict8738

左側の汚れは簡単に落ちるが、チェーン側は落ちない。
触っても拭いても簡単には落ちない。
何のことはない、チェーンオイルが飛び散ってそこに黒い粉末が付着しているようだ。

Pict8740

もちろんホイールも真っ黒。
これじゃ効かない訳だよな~。

たまに洗車すると、リアホイールって結構汚れている。
晴れていても微量のチェーンオイルが飛び散っているようだ。
この状態でリム、ブレーキが濡れると効かないんだろうな。
さらに雨中走行だと、油の混ざった水が飛び散り、総油膜状態になるのだろう。

だいたい解ってはいたけど、こうやって実際に見ると説得力あるね。
初めて乗った白いフレームが教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

LAZER WASP

LAZERのエアロヘルメット 「WASP」。

Hp_wasp02

TT用のヘルメットだ。
どうでもいい話だが、「ハチみたいだな。」と思ったのは私だけかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

KCNC CB7

Kcnc

CAAD9号に装着してみた超軽量ブレーキ「KCNC CB7」。
持っただけでわかる、不安になるほど軽い。
手持ちの105のブレーキのおよそ半分。交換しただけで、約150gも軽量化できて
しまうのだ。
重要保安部品をこれだけ軽くしていいのか? という葛藤もあったが、一応試す。

ワタクシ、ロード人生のなかでは10年前の105と78系のデュラのブレーキしか
使った経験が無い。
どちらかが効くとか効かないとか感じたことは無いし、その差もほとんど感じない
程度にしか使っていない。
そんな自分が言うのもどうかと思うけど、、、。

このCB7、効くのか?効かないのか?と聞かれれば、「驚く程効かない!」(笑)

とは言え、山練の帰りの下りで、ちょいとビビった程度で、減速しない訳でもないし、
止まらない訳でもない。
ちょっとだけ初期制動がアレなのと、必要な握力が通常の●倍くらい必要なくらいで、
まあまあ使える。
けど、さすがに初心者には薦められないですね。

後日、このブレーキを限界状況で使う日がやってくる。
つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

PRO4 使用感

今日の(プレ)朝練にて。

今年から使い始めたミシュランの「PRO4」。今日で3回目の走行。

1回目はPRO3と同じ空気圧でテスト。
なぜか硬い。タイヤが跳ねる。激しい振動。あきらかに空気圧が高い。

2回目、やや下げてテスト。
いくらかマシになったものの、まだ硬い。

今日。さらに下げてみる。
やや硬い感じがするが、ギリギリいけるかな?
当初から比べると、0.5kも下がった。こんなに違うの???
それとも自分の体重が減ったかな?

で、練習状況は。
2周なのに相変わらず、幽体離脱寸前。
なぜか途中からメーターが動かず、ペース不明。

来週から3周だって。走れるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧