トラブル

2017年11月16日 (木)

ヤバし!

ビンディングペダル。
MTBのほうね。

久しぶりに分解してみたら、、、
ベアリングが死んでいる。
ダストシールが無くなっていてかなりガタガタ。

Img_3512

完全に分解して状況を確認しようかとも思ったが、土日に使う予定があったので
そっと戻しておいた。
ちょっとくらいなら大丈夫だろう(希望的観測)

そういや、いつ買ったんだっけ?
記憶を辿るが???  
たぶん前の26Epicに付けていたはずなのでざっと10年くらいにもなるか?
そりゃ寿命もくるわな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

ディスクブレーキ

今、マウンテンバイクと言えばディスクブレーキ。
ディスクになる前は効かなくて大変だったな~ (遠い目)
ところがこのディスクブレーキ、「鳴く」。

自分が所有したディスクブレーキのMTBは3台。(現在の所有は2台)
そのすべてが鳴く。
しかもちょっとキーキーいうだけじゃなくとてつもなくデカい音で鳴く。

削ってみたり脱脂してみたりするが何やっても鳴く。
モーターサイクルならパッドグリス塗って一発で止まるのにな~。
ん、パッドグリス? 自転車には使えないのか? と思い試してみた。

Cimg0347

キタコから旅館のハミガキみたいな小さなパッドグリスが出ていたので購入。
早速使ってみると、、、、、。

う~~~ん。 微妙。
1台は前後共止まったがもう1台はまったく止まらない。
なにか違うのかな~???



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ブレーキトラブル

久々にサルサ29号に乗ろうと思ったら、、、。

Img_2772

フロントブレーキがペタって。
いわゆる「エア噛み」だね。
なんで急にこうなるのかな?  
オイル含め整備環境が整っていないのでShopへGO!

結局今日は乗れず。(まあ、街乗りだけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

プチトラブル

レース直前なのにちょっとトラブル。

Di2の充電が出来ない。
PCに繋いでいろいろとやってみるが認識されず。
よく見りゃ電源も入らず。

完全お手上げ状態で、ショップ行。

あちこち確認してもらうと、どうやらバッテリー近辺の接触不良らしい。
と、同時に充電器の故障(?)らしい。

らしい尽くしで原因不明だが、とりあえず動くようになったので明日は大丈夫みたいです。

Cimg0242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

PC狂騒

PCトラブルの話。

Win10のアップデート。
しばらく前、Win7 → Win10 になっていたので今回はWin10 → Win10。
電源を入れるなり 「アップデートします。」というメッセージ。
拒否的な選択肢は無かったような気がする。

Img_2010

こんな感じで小一時間。当然仕事は中断。迷惑極まりない。シャットダウン時に
やってほしいな~。
次の日、不調。
web認証、簡単に言うとインターネットに繋がっていないと使えないソフトがある。
使えない。当然ネット閲覧もできない。
疑うべきは前日のアップデートである。
あちこち見直すが、特に異常が見つからない。
プロバイダへ連絡するが異常なし、NTTへ連絡しろとの事。
ふと見ると、モデム(今はゲートウェイっていうんだって)の通信ランプが点灯して
いない。確認しようとするがPCからモデムへアクセスできない。
こうなるとたしかにモデムが怪しい。
が、確認できない。NTTのサポートに連絡するが時間外なので、あれこれと
やってみてくれ、的な話。
どうにもならないので別のPCをつないでみるとモデムへのアクセスは出来た。
原因不明だがいろいろと設定がおかしくなっている。
パスワードやら新設定やら入れなおしてみると通信ランプが点灯。
これでNTTは除外。
でも症状は相変わらず
マイクロソフトのサポートへ電話するが、全く通じる気配なし。
「混んでますので。」といって(録音ね)切られるので待つこともできない。
さらに「急ぐ場合はメールでお問合せ下さい。」「webの情報を御参照下さい。」と
回線トラブルな客には酷な注文。経験上、最低なサポートだな。
とにかくなんとか直さないと仕事にならん。
OSを再インストールすることも考えたが、万が一データが飛ぶとこまるので躊躇。
(ソフトが立ち上がらないのでバックアップも取れないのだ)
試しにプロバイダであるAuのサポートに電話してみる。
が、「この回線からはお繋ぎできません(固定電話)」というメッセージ。なんで???
携帯からかけてようやく繋がる。
「PC設定とかのサポートサービスがあるのでお任せください。」という力強い返事が。
ここからはよくあるユーザー対サポートの会話。
「あっちの設定は?」「こっちの数値は?」「これを開いて。」「ここをクリックして。」
などと延々数時間。それでも異常は発見できず。
それでもセーフモードで立ち上げると正常に動くことを発見。
暫定的にでもWebにつながったので、サポートから「リモートアクセス」的なものを
受け取りインストール。
なんとこちらの画面がそのまま向こうで見れるらしい。さらに向こうから操作することも
可能。 スゲ~! ウイルスだったら中身全部持っていかれるぞ。っていうか同意して
使ってるだけでウイルスそのものだな。
サポートが画面を開いてオレがパスワードを打ち込んだりとか、またも延々数時間。
ここで致命的なトラブル発生。
携帯の電池が切れそうなので(もう6時間とかしゃべってる)固定に切り替える。
向こうがもう時間外なのでこちらからは掛けられないとのことで、かけてもらう事に。
ところがうちの電話は外出に備えて携帯に転送するように設定してあるので、
そのまま携帯に着信して、即電池切れ。
転送解除は説明書が行方不明で不可。万事休す。
と、画面にサポートからのメッセージが!
先に書いたように、両方で画面が見られるのでテキストを開いてチャットみたいに
会話しながらの作業。
意外だったのはPCのプロっぽいのにタイピングがやたら遅いことだ(失礼!)
個別にソフトをアンインストール、再インストールを繰り返す。
原因はよくわからないがセキュリティソフトが怪しい。
OFFにすると症状改善。だからと言ってモデムの設定までおかしくなっているのは
解せない。
アンインストールして様子を見る。
とりあえず治った、、、、、、かな?  しばらくは様子見。

チャットでサポートに礼を言う(書く)と、画面の指定部分をクリックしろとの事。
これでウイルスちっくなソフトは消去され、チャットが切断されると。
それではアリガトウ、サヨナラと今まで経験のないスタイルでのサポート終了。
ポチっとした瞬間再起動して終了。
実に7時間にも及ぶ復旧作業でした。Auに感謝。
こんなの一人じゃ絶対無理だよ。

(今のところ異常無しです。)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

ポンプの巻

ポンプ。 
タイヤにエアーを入れる「空気入れ」の話。

先日の朝練最終日に異常が。
突然、「スカっ」っと手応えが無くなった。
おそらくパッキンが終わったのだろう。この症状はもちろん初めてではない。
昔はチューブラーだったから結構高圧で、無理無理エアーを入れていたので
年に一度くらいはパッキンを交換していたのだが、近年、クリンチャーやらチューブレス
やら低圧でイケるタイヤが主流になって、チューブラーはレースの時くらいしか使わなく
なったこともあり、ここ4~5年は交換していなかったのだ。
で、修理。

まずは分解。

Pict8888

あれっ、パッキンが付いてないぞ。
どうやら脱落して、ポンプの底に残っているらしい。

Pict8889

ファイバースコープを入れて覗いてみると、、、。
たしかに奥のほうに残っている。
分解しないと取れないな~。 という訳で、ついでにオーバーホールする事にする。

Pict8890

全分解。やっと取れた。
部品の件で、いろいろとググってみたら、このポンプ、どうやら名品らしいので
分解ついでにあちこち写真を撮っておく事に。
ちなみに約30年前にホームセンターで2000~3000円で購入。

Pict8892

なんでも「大橋鉄工」というところでやっている「名大ポンプ」という会社の製品。
名品というより質実剛健な作りの「日本製品」。
もう既に廃業しているとの情報も。
ポンプの技術はパナソニックに譲渡したのでパナと互換性があるとの情報も
あったが確認できず。

Pict8891

底の部分は鋳物製。「MEIDAI」の文字が。

Pict8893

筺体はテフロンテープとシール材を使って締め付ける。
これでエア漏れは無い。

Pict8894

タンクの底はサビサビなので、掃除して組立。
前も一度、サビで穴があいて、金属板を貼って修理している。

Pict8896

ここのシールはOリングが使われていたが、劣化は無いようなので再使用。
前に変えたんだっけかな?

Pict8895

このタンクの下にゴムの部品があって、逆止弁の働きをしているようだ。
テフロングリス塗って組立。

Pict8897

この部分は、自分で改造した箇所。
口金をロー付けしてゲージを付けた。

Pict8898

やっとここまで出来た。
が、掃除が終わっただけで、根本の修理はこれから。
しかし、最大の問題。パッキンが売って無い!!!
ちょっと前まではホームセンターなんかで普通に売っていたので、さほど気にしなかった
のだが、ここ数年で大きく変わったらしい。
どこに行っても売ってない。もう作っていないとの情報も。
老舗の自転車ショップを数件まわってみるが、とにかく「無い」。

Pict8899

やっと見つけたが、わずかに大きくて使えない。
さらに老舗まわり。

Pict8900

店舗含め、かなり老舗っぽい職人の店でコレを見つける。
「シリカ」と書いてあるが、サイズが同等なので譲っていただく。

Pict8901

だいぶ乾燥しているようなので、油でゆっくり戻して組立。
緊張のテスト。

Pict8902

おー!!! 圧が上がった!
修理完了。

このポンプ、あと2~3枚予備のパッキンがあれば、一生使えるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

修理の記

ヒールが取れた~!
といってもロード用のシューズの話。
歩いた時、なんか変な感触だったのでよく見ると、、、。

Pict8835

ヒールっていうか、ゴム製のクッションね。
乗ってしまえば全く関係ないのだが、とりあえず直す。

Pict8837

まずは接着の基本、脱脂。
今回はアセトンを使用。

Pict8836

定番、2液硬化型のエポキシ接着剤を使う。
5分硬化だが一応24時間保持。

Pict8838

くっついたかな~?
それにしてもキズだらけ。
そろそろ寿命か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

限界まで走って思った事

先日の4時間耐久レース。
毎度恒例、「足が攣った」(笑)。

注) 「痙った」 「攣った」 どちらが正しいんでしょう???

とにかく2時間を越えるレースでは、ほぼ毎回攣る。
原因の一つにミネラル不足があるらしいという事は前にも書いた。
汗と共に塩分他、いろいろな物質が排出されて筋肉の動きに支障が出るというもの。
以前、塩を持って走ったことがあった。
攣りそうになった時、塩を舐めたらスっと痙攣が収まって助かった。
今回、さらに裏付ける出来事があったので紹介しよう。

今回は3時間あたりから部分的に攣りはじめる。

11078274_823718977702380_1462142091

現場のカメラマンに激写されてますね(笑)

右、左、表、裏と使う筋肉を分散させて、だましだまし走るが、4時間
(実際は4時間後に1周してるので4時間20分くらい)走ったゴール後、
攣る、を通り越してモモが硬直。

1902883_823768521030759_43338967060

動く事もできなくなり、氷で冷やしてもらってる図。

話はここから。
疲労の為なのか、空腹なハズなのに、全く食えない。
ポカリ等の甘い飲料も飲めない。とりあえず水と茶だけ飲んで帰路に付く。
途中、猛烈に寒くなってくる。ハンガーノックだね。
でも食えない。パンも食えない、アイスも食えない。
と、突然しょっぱいものが食べたくなった。
塩辛とか漬物とか、とにかくしょっぱいものに目が行く。
高速のサービスエリアでなにか探していると、食堂で蕎麦を発見!
食った。340円のかけそばなのにめちゃくちゃ旨い。特にツユ。
しょっぱいものが食いたいという事は体の塩分が不足しているのだろう。
別な話だが、ビールが飲みたいという時はアルコールが不足しているのだろう。
日本酒が飲みたいという時はアルコールが不足しているのだろう。
ウイスキーが飲みたいという時はアルコールが不足しているのだろう。

さらにもう一杯 「ツユ」 だけ飲みたいんだけどダメかな?
ちなみに蕎麦屋ではちゃんと出してくれる。
裏メニューの一種なのかな? 「ヌキ」で、といえばソバ抜きで出してくれる。
まあ、普通は天そばのヌキで、かけそばのヌキでツユだけ、っていうのは無いだろうな。
食券を買って、一応聞いてみる。

自分 「かけそばなんだけどヌキできます?」
店員 「は???」
自分 「あ、いや、なんでもないです。」
ってな感じでもう一杯食う事に。

おかげで、ハンガーノックも塩分不足も解消。
ちなみにツユが旨く感じるっていう事はかつおだしのアミノ酸なんかもいい作用
してるんじゃないのかな?

で、結論。

次の耐久レースのボトルの中身は「そばつゆ」だな、と思った話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

パンク考

先日、久々のトレールライドでパンク。
近年、ロードもマウンテンもチューブレスにしていたのだが、この日乗ったサルサ29号は
チューブ仕様だったのでちょっと懐かしい感触。
別に何かを踏んだり、リム打ちしたわけでもなく、なんとなくスローパンク。
推定2年くらいノーメンテナンスだったので、劣化なのかな?
だいたいこのパターンのパンクの場合、バラしてみるとタイヤとチューブがくっついている
事が多い。
ひょっとして、しょっちゅうバラして、チューブとタイヤがくっつかないようにしてればパンク
のリスクが下がるのか?

100000008368l0
そんな効果も有るのか無いのか、こんな商品もあるらしい。
パナレーサー「タイヤパウダー」。
タイヤとチューブの張り付き防止グッズ。
ロードタイヤだと20本、MTBタイヤだと10本分。約1000円也。

とりあえず、片栗粉で実験してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

落車の科学

二輪車(自転車もモーターサイクルも)は操縦者が絶妙なコントロールでバランスを
取りながら走っている訳ではなくて、たとえば車体が左に傾いたらハンドルが左に切れて
車体が起き上がる。右に傾いたらハンドルは右に切れて車体が起きる。
この「起きる」時に駆動力だのバランスだのが関わってくるんだけど、今回それは
置いといて。

つまり、まっすぐ走っているつもりでも、実は非常に小さく、左右に蛇行しながら走って
いる、という事。(特にペダリングの影響が大きい自転車)
この「蛇行」をスムーズに行う為にキャスターだのトレールだの複雑な数値が与えられて
います。
ヘッドのベアリングも然り。これが渋いとコーナーリングどころか直線安定性も悪く
なっちゃうから不思議。
ちなみにステアリング機能を持たない二輪車は走れないがかりでなく、スタートも
出来ないそうだ。(そんな実験はしないだろうけど、たとえばヘッドベアリングがサビついて
固着してる場合、坂道をまっすぐに下ってくる、なんてことは出来ない)

そんな訳で、この超微弱なステアリング機能が損なわれるとバランスを失って
転倒します。
レースなんかで、前車のリアタイヤにハスったり、ハンドルバーが接触したりすると
落車するのがコレ。車体、体が接触してもそれほど影響ないのにね。

道路の縦溝なんかでハンドル取られて転びそうになるのも同じ。一瞬、ステアリングが
機能しなくなるのだ。
今回、コレをやってしまった。
道路と歩道の舗装の継ぎ目(延々と数キロに渡ってあった)で、ヨタついて左側へ。
もうちょっと幅があれば立て直せたんだけど、運悪く歩道の縁石が、、、。
落車はしなかったんだけど、結局、クランクを縁石にこすりつける形で接触。
後から見たら、タイヤ側面、クランク根元、クイックリリースがゾリゾリ。
普通ならそれで終わりだが、運悪くカーボンクランクだった為、かなり傷が深い。
衝撃でバリっと逝ったのか、その後のペダリングの力でキシんで悪化したのかは不明。

Pict8741

見た目、たいした事ないが、細いドライバー等で刺してみるとかなり深くまで粉末。
これだからカーボンは怖いな~。
基本的にレース用の軽量パーツは必要ギリギリの強度しか無いはず。
だからこれくらいダメージ負うともうダメだろうね。
自分的にはこれは遠乗り用のツーリング車的扱いなので、特にダメだな。
200キロ彼方でクランク破損なんてシャレにならん。
次は金属製のクランクでいきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)