« Tokyo2020 | トップページ | 魅惑の4本ローラー »

2016年12月22日 (木)

ローラー考 その2

前回からの続き。

三本ローラーは不安定である。
で、その不安定さゆえに自然にバランス感覚がよくなり、かつバランスを崩さないような
綺麗なペダリングができるようになる。
結果、ペダリングスキルが上がり、速くなる。
という事なのだろう。

だが世の中、乗りやすいローラーというものもある。
乗りやすい、安定している、ダンシング練習もできるなどという常識はずれな商品だ。
そんな物を使って効果があるのか?
練習にはなるだろうが、ペダリング的にはどうなんだろう?

せっかくなので買ってみた。
GROWTACのGT-Roller Q1.1というヤツ。

詳しくはメーカーのHPを見ていただくとして、その購入顛末。

まず、どこで売ってるの? 
HPを見ると取り扱いショップが載っているが、時間的に買いにいくのも大変なので
メーカー直営のWebShopで買う。
すると「レターパックで送ります」とのメール。
レターパック? なにか違う物注文しちゃったかな? と不安になる。
と、翌日届く。 早っ!  ああ、「ゆうパック」ね。

Cimg0288

こんな感じ。 見た目は細めの普通のローラー。

Cimg0291

最大の特徴はフロントのローラーが2本。全部で4本なので通称4本ローラー。
そしてこの2本のローラーがFタイヤに合わせて微妙に動いて接地感を調整するのだ。

Cimg0293

リアはE-Motionのように前後にスライドし、車体のピッチングを吸収するという
構造。

Cimg0295

そして各所、やたら作りがいい。回転部もかなりの精度らしい。
もっとサラッと作ればコストも下がるだろうに。

Cimg0290

あと、全体的にかなり鋭利。ステンレスの切出し部などは鋭利どころかもはや「刃」だ。
万一、落車の場合はなるべく遠くへ飛ぼう(笑)

Cimg0287

一応畳めるけど、自立しないので立て掛けられない場合は普通に場所とります。

乗車感等は次回。


|

« Tokyo2020 | トップページ | 魅惑の4本ローラー »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/64660064

この記事へのトラックバック一覧です: ローラー考 その2:

« Tokyo2020 | トップページ | 魅惑の4本ローラー »