« 第13回 時空の路ヒルクライムin会津 | トップページ | イミダゾールペプチド »

2016年5月25日 (水)

シュー

靴の事ではなくて 「ブレーキシュー」。

ちなみにディスクブレーキ用のものは 「ブレーキパッド」と呼んで区別されています。

今回はロード、しかもレース時に使っているカーボンホイール用のパッド。
そもそも自分は練習とレースしか走らない。
通常はアルミのホイールでレースの時は「決戦用」と呼ばれるカーボンのディープホイール
をつかうのだ。
基本的によほどテクニカルなコースでなければブレーキを強く使うという事は無い。
ちょいちょいとスピードの調整に使うくらいだ。
なのでマウンテンバイクとは違い(マウンテンバイクは減る、1レースで終わりなんて
こともあるくらい減る)ほとんど減らない。
記憶をたどってみても、ブレーキシューを替えた記憶など無い。
が、先日のレースの際、なんとなく握り代が大きいような感じがして(そもそもホイール
の幅がせまい為、調整しないと遊びが大きくなってしまうのだ)点検すると、結構
減っている感じ。

ブレーキを買ったときにオマケで付いてきた新品シューと比べてみる。

Cimg0155

かなり減っている。
なんでカーボン用のほうばかりこんなに減るんだろう???
よくよく考えてみるとこのブレーキを長時間使うのは、、、ヒルクライムレースの
下りか?
う~~ん、恐るべし、下りのパワー。

どこかのホイールメーカーのHPに書いてあったけど、カーボンホイールにラテックス
チューブ使うと、ブレーキの熱でパンクするそうな。
物凄く仕事してるんだなブレーキシュー。

|

« 第13回 時空の路ヒルクライムin会津 | トップページ | イミダゾールペプチド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/63683405

この記事へのトラックバック一覧です: シュー:

« 第13回 時空の路ヒルクライムin会津 | トップページ | イミダゾールペプチド »