« 川西 夏の5時間耐久レース | トップページ | 修理の記 »

2015年7月30日 (木)

第29回矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック

タイムトライアル + ヒルクライム の総合レース。
ワタクシは例年、ヒルクライムにしか出ないので「鳥海ヒルクライム」と呼んでます。

まずは毎年この時期、梅雨明けが微妙だと言う事。
結構高い山なので雨が降るとかなり条件が厳しい。
大雨、強風、低温が重なると開催すら危ぶまれるほどの危険な状況に。
一転、晴れると炎天下の地獄レース。

後からのニュースで聞いたのだが、どうやらちょうど日曜日が梅雨明けだったらしい。
ここ数年は涼しい~寒いレースが続いていたが、この日は朝からみるみる温度が上昇。

スタートは年齢別のクラスごと。
待ってるあいだも暑くて既に脱水気味。
しかも1週間前の5時間耐久レースのダメージが抜けきっていないのか、なんとなく
体がダルい。
それでもスタートすれば一気にアドレナリンMAX。
実はこの「MAX」がクセ者で、人間の緊張状態そう長くは続かないんだな、と毎回
実感させられる。
ハーフ地点まででおよそ30分。ここからが真の戦い。
給水ポイントは2箇所。いつもは一口二口飲むだけだが、かなり脱水な為、
ペースダウンして全て飲み干す!

機材トラブル無し、補給OK、ペース配分良好、脚も攣らなかった、ハンガーノックにも
ならなかった。
個人的にはかなりいい感じでのゴールだったが、、、
結果は1時間29分53秒。 なんだ、去年より2~3分遅いじゃないか。

近年、徐々にタイムが落ちてるな、と思ったが、そういえば最近ぜんぜん山を走って
無い。朝練(山練)は去年は2~3回、今年は春ごろ流して走った一回だけ。
一時は50回/年も登ってたのにね。
まあ、練習無しでこれくらい走れるんだから、ちゃんと練習すればまだまだ伸びるぞ、
と次に向かって夢を見れるから、よしとしよう。

Cimg0124

写真はゴール地点。
山の雪を見ながら食べるスイカは最高です。

ちなみに下りは先導車がいるものの、1時間を要する。
今回の優勝者のタイムは1時間4分です (((゜Д゜;)))

|

« 川西 夏の5時間耐久レース | トップページ | 修理の記 »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/61984673

この記事へのトラックバック一覧です: 第29回矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック:

« 川西 夏の5時間耐久レース | トップページ | 修理の記 »