« 第20回たつがねMTB大会 その1 | トップページ | 第11回 時空の路ヒルクライムin会津 »

2014年5月13日 (火)

第20回たつがねMTB大会 その2

いよいよスタート!
この大会、油断してると何の前触れもなくいきなりスタートしたりするので、要注意。
今回は一応5秒のカウントダウン有り。
スタート後しばらくゆるい登りをハイスピードで走るため、結構足にくる。
スタートループ終了後、先頭でコントロールラインを通過! する予定だったが、
チームメイトのW邊さんが速くて追いつけない。
残念ながら2番手通過。まあ、みちのく1,2なのでOKです。
誰か写真撮ってくれたかな?
ちょっとコースが広くなったところで先頭交代。
久々にトップ独走なので飛ばす。1周目なので疲労も少ないので登りも飛ばす。
当然下りも飛ばす。
コースの幅を目いっぱいに使い、自分的には最速で下りきる。
「フッ、誰も付いて来れまい。」と悦に浸って振り返ると、、、、、。
一人追いついて来てるじゃないですか!
っていうか、この選手、メチャ速! 結果的にこの方、優勝してしまうんですが、
全く勝負にならんです。すいません、先に行って下さい。
気をとりなおして、2番手を死守。
が、トラブル発生。 リアブレーキが変。
エアが噛んだみたいに、徐々に効きが悪くなってきた。
初めのうちは2~3回握り直せばなんとか効いていたが、さらに悪化。
最後の周回ではロックさせることも不可。
下りの高速スラロームコースで、カチャカチャと左手だけ握力トレーニング
のように動かしながら切り返す。
それでも 「いくらか引きずっているかな?」というレベル。
コントロールはほぼフロントのみ。泣けるね~。
朝、チームの若手に「ハンドルをコジっちゃだめだぞ。」なんて説教たれてたのに
自分は超が付くほどのコジりまくり。
効かないブレーキをフルパワーで握り締め、おかげで久しぶりに手の皮がむけました。
(グロいので画像は無し)
苦労して下り切ってみれば、後続は見えない。
50~60m後方に同時スタートのエキスパレディースの選手が一人見えるのみ。
なんとか逃げ切ったかな? と思った時点で油断してるんだろうな~。
このエキスパレディースの広瀬選手にゴール直前で差される。
後で聞いたら、ずっと狙ってたんだって。
結局、抜き返せず、そのままゴール。
クラスが違うから、別に順位には関係ないんだけど、なんかめちゃくちゃ悔しいぞ。
敗北感満載な2位でした。

|

« 第20回たつがねMTB大会 その1 | トップページ | 第11回 時空の路ヒルクライムin会津 »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/59637665

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回たつがねMTB大会 その2:

« 第20回たつがねMTB大会 その1 | トップページ | 第11回 時空の路ヒルクライムin会津 »