« 地獄の200kmツーリング | トップページ | 誤植? »

2013年8月20日 (火)

東北MTBフェスティバル 2013

Kannbann

今年も開催されました。
去年は仕事の都合がつかず、出れなかった為、今回初!
土日の2日にわたって耐久、スラローム、クロカン、DHと多種目に及ぶ内容。

都合により、日曜のXCのみ参加。
この大会、種目ごとに冠スポンサーが付くという豪華さ。
XCはルイガノ様。
なのにゲストライダーは竹谷賢二選手という微妙な大人の事情は置いといて、、、。

Takeya

一応撮っておきました、
「ルイガノの看板の前を走るスペシャライズド契約アドバイザー竹谷氏」の図。

さて、肝心のレースは。
まず暑い!!! 連日の猛暑、当然この日も暑い。
はじまる前から既にぐったり。
数クラスごっちゃの混走レースで、自分が出たのはスポーツBというクラス。
(年齢別、オジサンのクラスです)
スタートループの意味無く、いきなり接近戦でスタート。
あちこちゴリゴリと摩りながら、前の若者クラスに割って入り、なんとか10番手前後
に上がる。
ちょっとバラけたら、あとは自分との戦い。
暑さと苦しさに負けないように正確に「操縦」する。
このあたりが勝負の分かれ目。思った以上にトラブルが多発している。
パンク、チェーン切れ、ディレーラーあたりのメカトラ。
次々と脱落&リタイヤ。
オーバーペースが祟って、熱中症に陥る者も。

1、2位から分単位で遅れてゴール、結果、3位。
リザルト見たら、規定周回したのは4人だけじゃん。どんだけ過酷だったの~。

Jibun

一見調子よく走ってるようだけど、良く見るとギヤはインナーのロー。
次回はもっと重いギヤ踏めるように練習しときます。
写真は先に御紹介の竹谷氏に撮っていただきました。感謝。

|

« 地獄の200kmツーリング | トップページ | 誤植? »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/58031277

この記事へのトラックバック一覧です: 東北MTBフェスティバル 2013:

« 地獄の200kmツーリング | トップページ | 誤植? »