« 「たつがねMTB」 2 | トップページ | 「たつがねMTB」 4 (オマケ) »

2012年5月17日 (木)

「たつがねMTB」 3

開会式。
1分間の黙祷から始まる。

まずキッズ、低学年のクラスからスタート。
子供たちのレースは昔からあったが、実はこのたつがねMTB大会の復活は
「Utatsu MTB Dream Project」という活動の一環でもあり、MTBを遊びや通学に
使ってもらおうという計画で、今年は、より力が入っているのだ。

自分は「スポーツクラス」にエントリー。
このクラス、人数が多い為、33歳という年齢で「A」と「B」に分けられている。
最初の頃は半々くらいだったが、だんだんと高齢化というか、若い人達が少なく
なって、最近ではアンダー33のAクラスは10人程度でBクラスが数十人という
アンバランスな状態。
それでもなぜか33歳で区切ってるんだよね。(不思議というか、伝統なのかな?)
今年はさらに激しく、Aが8人。Bが約80人(当日エントリーもあるので正確な
人数は不明)。なんと過去最高らしいです。
主催者から、ゼッケンプレートを止めるインシュロックが足りないので、
余ってたら提供してくれ、とのアナウンス。
100本以上足りないとのこと。どんだけ当日エントリー多いんじゃ~。

各レースが押したおかげで、1時間近く遅れてスタート。
ここからやっとレースレポートです。

まずスタートループ。
例年、ここでがむしゃらに踏んで、先頭に出ようとするため、あっと言う間に
自滅という悪いクセがあるので、ゆっくりとスタート。
10番手くらいか?  登りに入ると数名がペースダウンして、労せずに
ポジションアップ。5番手くらいに浮上。
前には地元の雄、O寺選手が3番手の選手とデッドヒートを展開している。
こう言っちゃ失礼な話だが、安定したフォームのO寺選手に比べて、3番手の
選手は走りが荒い。登りも自分よりはるかに速いが、3周もたないだろうな、と
見ていたら、案の定メカトラで脱落。シフトダウンはもっと早めにね。
ペースアップした(自分がペースダウンしたのか?)O寺選手にじわじわ離され、
苦しい展開、と思ったら前方で転倒してる! パスして3番手に浮上。
浮かれ気分で林間のテクニカルコースへ。
ところが、間抜けな事に、単独になった為かペースが乱れ、オーバースピードで
コーナーが曲がりきれず、フロントが滑って転倒。
既にへろへろで、ハンドルをこじるパワーも無し。
当然抜き返されて4番手に転落。一気に差が広がり、「もうダメ」モード。
が、なんとO寺選手が止まっている!!! パンクだって!
再び3番手に浮上。 
この時点で、前も見えない、後ろも見えない。
ほぼ順位は確定。 Aで走っているチームメイトのM片さんと2人でゴールかと
ややペースダウンして待つが来ない。 えっ、こちらもパンクだって。
実は、自分は、先のエリート、エキスパのクラスでもパンクが多発していたのを目撃
していたので、走りにくいのを承知でエアーをパンパンに入れていたのだ。
偶然か、セッティングの妙か、とにかく無事3位でゴール。
それにしても、コース途中の要所要所で「ガンバレ!」の掛け声がかかる。
チームメイトはじめ、レース仲間、懐かしい人、応援に駆けつけてくれた人、
コース役員の方。
皆様、ありがとうございました。

今後もこの大会がずっと続きますように。

Ca3i0333

|

« 「たつがねMTB」 2 | トップページ | 「たつがねMTB」 4 (オマケ) »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/54734107

この記事へのトラックバック一覧です: 「たつがねMTB」 3:

« 「たつがねMTB」 2 | トップページ | 「たつがねMTB」 4 (オマケ) »