« うっかりカップ参戦記 2 | トップページ | うっかりカップ参戦記 4 »

2012年3月30日 (金)

うっかりカップ参戦記 3

次はこのコース一番の登り。
砂利の緩やかな登り、ちょい下ってから激坂。
激坂だけど路面もいいのでさほど苦になりません。前回出た時は、途中からフロントが
インナーに落ちず、ミドルで登ってたので、まあ、そのくらいの坂です。
登りきると、また根っこ。斜めに横切るので、油断すると飛ばされます。

下り。
ちょい険しい下り。根っこ、段差、バンク、ヌメヌメ。
前転してる人が結構います。ビシっとラインが決まるとノンブレーキで自由落下できるよ。
もう一度登ると、今回一番の難セクション。
その名も「悪代官コース」だって。
激下りのコークスクリュー。切り替えしが遅れるとバンクから飛び出して、谷底に落ちる!
ヌメヌメだからブレーキも効かないし、前タイヤも滑る。
イン側の足だして、ノンブレーキでバンクにあてて走るしかないよ。
が、これが実に面白い。まるでスキーのモーグルバーン!
でも残念な事に最初の1周のみで閉鎖、ショートカット。試走と1周目と、2回しか走れなかった。
たしかにな~。大渋滞しそうだもんね。
なので2周目からはてっぺんから下まで、ほぼ自由落下状態。
すごく楽しいけど、ぬかるんでいる所もあるので、油断するとタコ踊り状態に。
コントロールラインを通過して、プチ激坂を登ると1周完了。
ピットエリアを通過すると、「みちのく、頑張れ!」との声援が聞こえる。
うちのクラブ、案外有名なんだね。先人達の活躍のおかげでしょう。

2周目以降はスタート時とは違い、舗装路ではなく手前の登りからコースに入る。
ここがまた根っこ地獄。
どろどろのタイヤで根っこ(かなり高さがあります)をななめに通過するので、緊張。
薄氷を踏むかのように加重、脱重の繰り返し。
だから登りになると、正直ほっとするもんね。あ~、休めるって感じ。

またしても、つづく。

|

« うっかりカップ参戦記 2 | トップページ | うっかりカップ参戦記 4 »

レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/54346895

この記事へのトラックバック一覧です: うっかりカップ参戦記 3:

« うっかりカップ参戦記 2 | トップページ | うっかりカップ参戦記 4 »