« 日本一を登る! ツアー | トップページ | 修理状況 »

2010年9月 9日 (木)

日本一を登る! ツアー その2

例年、岩木山のヒルクライムレースに出る。
鳥海山の矢島カップにも出る。
蔵王にも登る。
近所の泉が岳には1~2回/週で登ったりする。
レースじゃなければ、軽いギアで回しながらゆっくり走れば
死ぬほどキツイ! ということも無い。
なので、やや甘く考えてましたが、ハンパじゃないっすね、
「ふじあざみライン」。
Azami

富士山5合目までの舗装路ですが、最大20%オーバーの
急勾配。
自分にとっては踏めるか踏めないかのギリギリのライン。
あまりに速度が落ちすぎて、倒れそう。
ボトルが取りたいのに、バランスを崩しそうで、手が離せない。
仕方なく一度だけ足をついて給水。
20%地点で、負けるものかとフルパワーで踏んだところ
「キンッ!」となにやらイヤな音が。
時たま、シャリシャリ音も聞こえる。
パッと見、原因不明の為、そのまま走行。
蛇行しながらもなんとかゴール。

Goal

良く見たらスポークが1本飛んで、ホイールが1cmくらい振れて
いました。
Fブレーキのみで、しかもこの振れたリアホイールでの下りは
怖いぞ~。
案の定、バーストしそうなくらいFタイヤが過熱しながら下る。
ちょっと手を緩めると70キロくらい出てしまう。怖い。

それにしても、この激坂コースでレースをする実業団選手は
スゴイなあと尊敬。
一般クラスがあったとしても、たぶん自分には完走できないでしょう。

無事、生還できたので、さっさと宿へ。
そしてささやかな宴へと突入。
明日も早いので、おやすみなさい。

さらにつづく。

|

« 日本一を登る! ツアー | トップページ | 修理状況 »

行事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532093/49400342

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一を登る! ツアー その2:

« 日本一を登る! ツアー | トップページ | 修理状況 »