2017年11月16日 (木)

ヤバし!

ビンディングペダル。
MTBのほうね。

久しぶりに分解してみたら、、、
ベアリングが死んでいる。
ダストシールが無くなっていてかなりガタガタ。

Img_3512

完全に分解して状況を確認しようかとも思ったが、土日に使う予定があったので
そっと戻しておいた。
ちょっとくらいなら大丈夫だろう(希望的観測)

そういや、いつ買ったんだっけ?
記憶を辿るが???  
たぶん前の26Epicに付けていたはずなのでざっと10年くらいにもなるか?
そりゃ寿命もくるわな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

ヘルシーとは?

先日の会合でちょっと面白い話が出たので関連した体験談を。

自転車乗ってたりすると、なにかと健康に気を遣うというか「体にいいもの」を選んだり
することが多い。(かな? まあ人によって)

よく言う「ヘルシー」という曖昧な言葉。
なにがヘルシーでなにがヘルシーじゃないんだろう?
よくある比較。
肉と野菜だと野菜がヘルシーだと言われる。
高強度の運動後等はどうなんだろう? という話は置いといて一般的な話。
肉と魚だと魚の方がヘルシーらしい。

どうも肉はあまりヘルシーではないようだ。
それでも牛肉よりは豚肉の方がヘルシーというし、牛肉よりは羊肉のほうが
ヘルシーらしいし、牛肉よりは鶏肉がヘルシーらしい。
根拠はありません、あくまで世間のイメージ。
辿っていくと、どうやら牛肉はかなりヘルシーじゃないようだ。

その牛肉がメインの「焼肉」では鉄板ではなくて網で焼くため、油が落ちて
ヘルシーなのだそうだ。

ここまでの順位でいくと 「牛の脂」 が一番ヘルシーではないようだ。

さて、その脂。
実はかなり旨い。
たとえば店でスキヤキ頼むと最初に角砂糖くらいの大きさの脂を鍋底で熱して溶かす。
溶けてなくなるわけではないので、しばらくすると味が染み込んで大変旨い。
焼肉時にもイケル。
同じく角砂糖大の脂を焼く。半分くらいになったら食う。これが旨い!
もちろん安い肉の脂ではダメである。
できればブランド牛と呼ばれるほどの高級牛の脂。
普通はそんなもの出してくれないが、基本ゴミなので常連になれば出してくれるよ。

という話に共感してくれたのは、現在までたった2人。

1人はこの食べ方を教えてくれたS田さん。
お姉さんが肉屋だか焼肉屋だかをやっていて、高級脂がたくさん手に入り
しょっちゅう食べていたらしい。
もう1人は同業でちょっと大きめの会社のS成社長。
こちらは焼き肉屋で出してもらうパターンらしい。
2人共、一緒に食事したことは一度もなかったが、しょっちゅうこの脂のはなしで
盛り上がってたのでさぞ好きだったのだろう。

で、その後。
まあかなり前の話で、因果関係とか全くわからないけども、なんと2人とも
癌でお亡くなりになりました、、、、というオチ。

やっぱり体に悪いのかな~???

自分は。
昔、狂牛病というのが流行って、アメリカからの輸入牛肉が流通しなくなり
近所の焼き肉屋が軒並み潰れてしまい、そのころから食わなくなったせいか
解からないけど、とりあえず今のところ健康です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

第11回 ジンギスカップ in 磐梯高原南ヶ丘牧場

今年最後のMTBのイベント、「ジンギスカップ」。

Img_3347

例のごとく寒い。13℃。

Img_3328

それでも太陽が高くなってくるとだんだんと気温上昇。
試走時には暑いくらいに。
今回はやけに出走時間が早い。スケジュールみたらキッズレースと順番が
入れ替わってるようだ。
今年も年齢別のクラスなのだがスタートは時間差無しの一斉スタート。

上から見るとこんな感じ。

22228515_2213705512189527_616169377

このコース一番の激登りなので登り切ったところで既に95%のエネルギー消耗。
この後は下りが続くので、しばし流しながら回復を待つ。
バラけてきたのを見計らってペースアップするが、なるべくテクニカルなセクションで
ポジションアップしてパワー温存。
オジサンになると回復力が激減するんだよ~。
S字のクネクネコースで労せず前へ出ようとしたところ、路面には大量のドングリが。
しかも丸いヤツ。まさかとは思ったが前輪が取られて転倒。とっさに着いた右足も
すべって立て直せず大きく順位を下げる、、、、。
恐るべし丸いドングリ。 とりあえず栗ゾーンじゃなくてよかった。
しかし、これで焦ったのかラインが激しく乱れて立ち木に激突。
ハンドルバーが折れたかと思ったが、さすがカーボン! なんとか耐えてくれた~。
グリップは半分なくなって握りにくくなったけど。
焦るのが悪いクセだな~>自分

Img_3334

その後は耐えに耐えてポジションキープが精いっぱい。

結果、、、4位。

Img_3353

入賞ながら台に上がれないという微妙な敗北感はあるものの、練習してない割には
まあ良しとしよう。

22308865_2213705225522889_660711453

写真は頂き物 by 伊東さん

Img_3346

レース後は恒例のジンギスカン。
クラブのメンバーが優勝したのでフリーで乾杯!

また来年もよろしく。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

MTBゆるポタ サイクリング

近場の山を走るクラブイベント。

だいぶ日の出時間が遅くなってきたので、集合時間はまだ暗いし寒い。
霧が立ち込めていてやたらジメジメしてるし。

ロード練と違って談笑しながらのMTBはスピードも遅いし、なかなか楽しいのだが
延々と1時間以上も登り続けるのは結構キツイぞ。
何回も走った事あるのに 「こんなに坂続くんだっけ?」 と思ったのは自分だけ?
夏に降り続いた雨のせいか、かなり路面が荒れていて走りずらい。

Img_3239

山なので中間地点を過ぎると後は下り。
でもガレ場が多いから気を付けて、、、と思ってたら整備が進んでいて走りやすい。
登山道までのアプローチになってるからなのかな?
でも油断してると雨で掘れた溝なんかがあって危険。

約3時間かかって走破。
体力的にも精神的にも結構疲れたぞ。

締めは名物の「三角あぶらあげ」を頂く。

Img_3246

汗かいた後なのでしょっぱいものが旨いぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

ラストライド! 20thダリヤカップ in 川西町

Img_3188

長年にわたり山形県川西町で開催されてきた「ダリヤカップ」が今回で終了!

と言っても時期をずらして今後も開催されるらしい。
けれどもこの時期じゃないっていうことは当然「ダリヤカップ」という名称ではないでしょう。
どの季節になるのか? 名称は? 等々興味津々ですね。

そういえば、昔は上位入賞者は「クリスタルダリヤ」が貰えたよね。
いつから無くなったんだっけ???

さてレースは。
自分はスポーツBにエントリー。
どういう訳かエリート、エキスパートと同時スタート。
スタート直後の混乱を避けるためにスタートループを走るがなぜか大混乱(笑)
ループが終わって1周回目の登りに入るころには既に疲労困憊でヘロヘロ。

今回は最終回という事もあるのか、凝った設定&少々難しいコンディションで、
これがまた体力を消耗させる。だんだん気温も上がってきたしね。
ラスト半周あたりでは脚も攣る始末。
ヘロヘロなのは皆同じらしく、あちこちでミスする選手が目立つ。
おかげで労せず数人をパスすることが出来ました。

で、ゴール。

Img_3187

自分的にはいいとこなしで敗北感満載なゴールだったが、なんとギリギリで6位に
入賞! 
まったく予想してなかったのでチームジャージも着ずに表彰式へ。

副賞で、春の耐久のときと同じ、コチラの南蛮納豆をいただきました。

Img_2978

ちなみに少々しょっぱめなのでみじん切りにしたネギを多めに混ぜて食うのが
美味い! と、前回気付きました。

さらに抽選会ではこちらのサイクリングジャージを頂く。

Img_3195

せっかくなのでダリヤ園でダリヤを鑑賞。
この季節にここへ来る機会はほぼ無いんだろうな~。

Img_3186

とりあえずまた来年~。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

振替朝練

前回のブログで

「う~ん、やっぱりもうちょっと頑張らんとな~」
と書いていたので、早速頑張ろうと張り切ってたらいきなり雨で朝練中止。
いきなりヤル気を削がれたな~、、、がクラブのHP見たら翌日に振り替えて
走るらしい。
で、久しぶりに日曜の朝練。

いや~、もうだいぶ気温も下がって寒いくらいだね。
ちなみに自分含め数名は長袖。

日の出の時間も遅くなってきたし、そろそろ朝練もおしまいだね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

2th もがみMTB大会 in 赤倉温泉スキー場

今回で2回目になる赤倉スキー場での3時間耐久レース。
暑いんだよな~、と思ったら朝の段階でなんと15℃! 夏なのに。

Img_3109

それでも天気が良くて徐々に気温上昇の予感。
暑くなると脱水との闘いになるのだ。

コースは前日までの雨の影響で部分的にぬかるんでいてちょっとだけ走りにくい。
まあそれでもALL乗車で行けるのでそれほど大変では無い感じ。

でスタート。
例によってルマン式なのでまずはRUN。
そもそもはスタート時の混乱を避けるためのルマン式と思われるが、想像以上に
大混乱だぞ(笑)
2周目に入るとだいぶバラけて走りやすくなってくる。
と同時にだんだんと気温上昇。でも空気が乾燥している為か汗が乾いて結構爽快。
2時間も過ぎると汗が出なくなって体温が上昇してくる。
危険なのでPitストップ。給水。一瞬で1リットルくらい飲んじゃったよ。
再スタートするとすぐに汗がでるようになる。
まつ毛あたりで結晶化していた塩が汗で溶けて目に入る。激痛!
手でこすると手の塩が目に入ってさらに激痛(笑)

なんだかんだで3時間経過、ゴール。
14位/38人(ソロクラス)だったのでだいたい真ん中くらい。
まあ、こんなもんでしょう。

ちなみにソロクラスは59歳以下がごっちゃで走る、ある意味無差別級的なクラス。
10代と50代じゃハンデあり過ぎだろと思ったが、同じクラブでほぼ同世代のD氏が
優勝だ。
う~ん、やっぱりもうちょっと頑張らんとな~。

帰路、猛烈にハラがへってきた。
しかもなんだか寒くなってきたぞ。今になってハンガーノック症状のようだ。
高速のSAでなにか食おうと計画していたが、渋滞で時間がかかりそうだったので
途中のコンビニに寄る。
レース後、OS-1はしょっぱくて飲めなかったので塩分不足にはならなかったと
思ったが、ここにきてものすごくしょっぱい物が食いたい。

という訳で定番の「どん兵衛 天そば」。

Img_3122

手に力が入らなくて箸がうまく持てない(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

閖上サイクルスポーツセンター

以前は春と秋のクラブ対抗のチームタイムトライアルレースといえばココだった。
地元のサイクリストならばおそらく知らぬ者はいないだろう (と思う)
「閖上サイクルスポーツセンター」 (閖上は「ゆりあげ」と読みます)

しかし、2011年の震災で津波によって町ごと壊滅。

5

6

行政的にいろいろと難しい問題があったりして、なかなか街の復興が進まない中、
このサイクルスポーツセンターは2020年の再建が決まったらしい。
以前はプールが併設されていたが今度は温泉施設が併設されるようだ。
レース後に温泉入れるのはいいね。

で、その建設費の一部をふるさと納税的なクラウドファンディングで集めるらしい。

Img_3073
朝日新聞の記事より

という訳で興味ある方、以下ページの詳細をご覧ください。

「サイクルスポーツセンター再建プロジェクト!」 のページ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

夏恒例のクラブ行事 「200kmツーリング」

夏の恒例、「200kmツーリング」。

なぜ200kmも走るのか? 今となっては誰も解からないがとにかく恒例。
日帰りの工程の為出発は夜中。なんと1:00集合なので前の日の22:30ごろ家を出る。
玄関を出た瞬間から雨。 しとしとではなくザーザー降りの本格的な雨。
そんな訳でローテンションでのスタート。
街中は信号が多いし、郊外に出ると暗いしAveスピードが上がらない。
時間ギリギリ、全工程の20%に相当の40km以上走ってやっと合流。
気分的には既にごっつぁんなんですが、、、。

ここからは人数が多いのでペースも上がる。
天気予報によれば県境を超えれば雨は止む公算なので休憩もそこそこに走るが
県境というだけあって「峠」なのでこれまたペースが上がらない。
が、予報通り雨が上がってきてテンションupup
下り切ったあったりで夜が白々と明けてきた。

Img_3076

明るくなったのと晴れてきたのでようやく写真を撮る余裕が出てきた。

Img_3081

田んぼも青々ですな~。

こうなるともはや快適。
ハイペースで飛ばす、、、と言いたいところだが微妙な登りに撃沈。脚が攣る(笑)
皆に牽いてもらってなんとかゴール。

Img_3083

海岸線は見事に夏!

Img_3089

太平洋側から日本海側まで繋がりました。

Img_3088

トータル205.9km。 休み休みなので11時間以上かかりました。
それでも予定よりだいぶ早く着いたのでゆっくり休憩。

Img_3086

こちらで温泉&食事&宴会(帰りは電車なので思う存分飲めるのだ)
それにしても 「あぽん」 って何語だ??? 意味も不明。

とにかくこれにて終了。
後は延々と電車に揺られて帰宅。
メンバーのGJで団体割引的なキップが買えていつもよりかなり安く上がりました。

残るは洗車だな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

第31回 Mt.鳥海バイシクルクラシック

通称「鳥海HC」。
去年は諸事情により出られなかったので2年ぶりの参加。

Img_3024

が、ほとんど練習が出来ていない。クラブの朝練は3回(?)かな。
登りの練習に至っては「0」。 一度も山に行ってないのだ。
走りきれるのかよ? と不安いっぱいで出発。
さらに家を出る時点で大雨。
テンション下がるわ~。
ところが着いてみればいい天気。なんか、このあたりだけ晴れているような情報も。

夜は恒例のキャンプ。
各方面から差し入れなどもいただき、結構豪華でしたね。
参加メンバーも高齢化が進み、無暗に飲む輩もいなくて平和に終了。
夜も涼しくてぐっすりと眠れました。

さて翌朝。
やっぱり天気いいわ~。梅雨開けたんじゃないの?

で、いよいよスタート。
なんでも去年、スタート直後に落車事故があったそうで、スタート後の平地部は
追い越し禁止だそうだ。
なんとなく徐行ムードでのスタートだったのでやけに遅い。登りに入ってからも遅い。
おかげで無駄に体力を消耗しないで済んだ。
いつも最初の登り付近でいっぱいいっぱいになるまで踏み込むので後々大変なのだ。
気温も低めであまり汗もかかず、補給食も取らず。
めずらしく脚も攣らず、最後まで安定して踏めた。
なんだかいつになく調子いいんじゃない? などと思いながらゴ~~~ル。
タイム1時間33分! 遅い!(笑)
何のことは無い。単に追い込めてないだけじゃんか。
前より10分くらい遅い。
まあそういう所が練習なんだよな~。
とりあえずスイカが旨かったので良しとしよう。なんのこっちゃ。

いつも言ってるけど「来年こそはちゃんと練習しよう!」(笑)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第6回 川西 夏の耐久 5h